社会人から公務員へ

一度は民間企業で働いてはみたものの、安定した仕事に就きたい、離れてしまった地元に戻って働きたいといった理由で公務員試験を受験する人が増えています。一方で、自治体でも行政の抱える課題が幅広くなってしまった今日では、一度民間企業で働き、様々な経験を積んできた人たちを即戦力として求める動きも広がっています。当サイトでは、どのような方法で社会人の人が働きながら公務員試験の勉強ができるのか、公務員試験対策を行っている社会人講座について紹介しています。

地方自治体の場合、受験資格が大卒程度の一般職では29歳くらいまでに年齢制限を設けているところが多いですが、探してみると受験年齢制限の幅がそれより広い自治体もあれば、民間企業経験者枠を設けている自治体もあります。それらの枠を狙って公務員試験にチャレンジしようと考える人もいるでしょう。

しかし、働きながら公務員試験の勉強を行うには、通常の会社の仕事に加えて、空き時間や帰宅後、休日などを利用して勉強の時間を確保するための大変な努力と忍耐が必要になります。一次試験の筆記対策は勿論、どういった理由で自分が公務員を目指したいのか、その職務への熱意や希望などをしっかりと考えて、説明できなければいけません。

それでも公務員になりたいと希望する人には、テキストなどを利用した独学で勉強する方法もありますが、公務員試験対策の社会人講座を設けている専門学校もあるので検討してみると良いでしょう。自分に合った講座を見つけるためのポイントなどを紹介します。